はだのP連ニュース

〜感謝の思いやふれあいの言葉を川柳で〜
いじめのない学校を作ろう ~私たちが今日からできること~

2021年12月1日より秦野市内の全中学校で完全給食がスタートしました。 中学校給食に対する期待とともに、どのような工程を経て子どもたちの口に入るのか。そして、子どもたちの反応や学校側の対応を知りたいと思い、秦野市学校給食センター「はだのっ子キッチン」と、市内の中学校の中から北中学校に取材させていただきました。

上小学校は秦野市の西にあり、松田町に接する上地区の山々に囲まれた自然豊かな小学校です。近年、児童数は減り続け10年前100名いた児童数も今では68名となりました。上地区の活性化を願う地域住民からの要望をきっかけに、上小学校は小規模特認校の認定を受ける事になりました。

「教員委員会」聞いたことあるけど、何するところ?どんな人がいるの?そんな疑問をきっかけに、秦野市教育委員会に取材に行きました。 令和2年9月より就任された佐藤教育長にお話をうかがってきました。

 11月10日、第2回情報委員会が行われました。第1回後より、オンラインにて『はだのP連ニュース』配信にむけ取り組んできました。 11月活動再開にあたり、内田会長の挨拶を紹介いたします。
2021年12月号②学校でのクロームブックの使用、始まっています!
秦野市でも国の GIGA スクール構想の推進に合わせ、児童生徒 1 人一台の端末が整備されました。子どもたちからもクロームブックという名前や、使用した感想を耳にします。クロームブックをどのように使用しているのか秦野市内小中学校へアンケート調査を実施しました。その中から学校での様子、子どもたちの声をいくつかご紹介します。

本年度は、コロナウィルス感染拡大の影響で、どの小中学校も例年行われていたPTA活動や行事の中止・縮小を余儀なくされました。この1年の活動、また来年度につなげていきたいことについて、各校のPTA本部にアンケートをとりました。回答の中から、いくつかご紹介します。

2021年2月号②あれから10年、防災を考える
2021年3月11日で東日本大地震から10年を迎えます。地震だけでなく、台風などによる風水災害も多い昨今、災害への備えについて考えてみることにしました。 私達は秦野市立西中学校にできた多機能型体育館に注目し、西公民館と防災備蓄倉庫の見学をして、防災対策について話を聞きました。

2020年10月7日(水)に秦野市教育庁舎3階会議室にて、2021年12月から開始予定の中学校完全給食に向けた説明会・意見交換会が行われ、各校の保護者代表として情報委員が参加しました。

さらに表示する